空想科学祭2010 感想・レビュー掲示板

空想科学祭2010感想とレビュー専用の掲示板です。
辛口/酷評は実行委員会により辛口感想掲示板に強制移動となります。ご容赦ください。
修正・削除は出来ません。
HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用


[11] 「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:空想科学祭実行委員会 Date:2010/09/01(水) 05:20 [ 返信 ]
【題名】マリッジ・ホワイトスワン
【あらすじ】
 名前はホワイトスワン。性別は女性。とある財閥のお嬢様。再来週には結婚を控えている。そんな彼女が、花嫁修業をしたいと言い出した。未来からやって来たサイボーグのくせに。
【名前】虹鮫連牙
【区分】中編
【URL】http://ncode.syosetu.com/n5282n/



[14] シンプルな料理にスパイシーな味付け Name:栖坂月 Date:2010/09/01(水) 08:37
今回はコメディテイストな作品が多いような印象を受けたのは私だけでしょうか。まぁ、そんなことを口にする私自身がコメディを出す予定ですから、言えた義理もありませんが。
作風という点から見ると、モロに好みでした。全体の筋はわかりやすく、しかし同時に設定のアチコチに奇妙な代物を叩き込んで作品全体の色を調整しています。コメディとして見るなら、とても楽しめる作品だと思いますし、実際に楽しませていただきました。特に前半の、卵であるが故の様々な妄想や妄言が、とても良い味を出していたと思います。
しかし反面、大筋と扱っているテーマは、それほど目新しいものは見受けられませんでした。悪く言えば「ありがち」ですが、だからこそ味付けが映えたとも言えるのではないかと思います。また最終的なまとまりが綺麗に決まっているのも、大筋がシンプルであることが大きいでしょう。何を売りにして何で魅せるかは作者次第、そんな当然のことを実感した作品でした。
改めて書いときますが、この作品は完全に好みです。大変面白かったと明記させていただきます。


[18] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:84g Date:2010/09/01(水) 20:41
素晴らしい!
明言していないのにホワイトスワンさんの目的と明るい未来が見える。
時間移動やサイボーグなど、SF作品らしい王道キーワードながら、それに依存しない人間描写。

フューチャーイマジンやピュアウォーターなどの、セリフセンスもシャインスパーク(輝いてる)。
セリフ選びとキャラクターの魅力なら、俺が読んだ中では暫定一位。
俺は『辛口掲示板の作品以外感想書けないかな』とかちょっと思ってたくらい重箱の隅をつつくのが趣味の人間なんですが、
それでも指摘できる悪いところが見つからない。 お見事。 ハイクオリティ。

ただツッコミすると、出汁を溶いてない味噌汁は、隠し味という次元ではないと思います。
出汁入ってる味噌とかそういう意味なのかもしれませんが、どういうリアクションを取れば良いのか分からなかったので。

[30] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:石神航 Date:2010/09/03(金) 14:44
 ホワイトスワンがフルネームを語った時点で吹き出した。
 終始小ネタで笑わせてくれる。実に楽しかった。
 ただ、やはり前半部分からオチがわかってしまうところが難点と言えば難点。いや、わかっているから楽しめるという考えもあるか。
 突っ込もうかと思えば、そのすぐ後にきちんと突っ込んであるってのは読んでて嬉しい。わかって書いてるんだなと。
 それにしても、ホワイトスワン曰くの「それとも、私?」、未来の旦那が風呂や飯を差し置いて彼女を選んだとき、一体どういう行動に出るんだろうかなどと無駄な妄想を働かせてしまった。かなりマニアックな(ry 失礼、余計なことを。
 これはいいな。私もストーンゴッドと名乗ってみるか。 


[38] 面白かった― Name:招夏 Date:2010/09/04(土) 16:16
初めまして、拝読させていただきました。

きちっきちっと突っ込みを入れてくれる主人公に吹きっぱなしでした。また、タマゴがどうやってお茶を飲むのかとか、タマゴの花嫁修業ってなんだ?と数々の好奇心と疑問にひっぱられて、あっという間に読み終わってしまいました。面白かったです。

[49] シンプルでくすっと笑える話。 Name:饅頭は空を飛ぶ Date:2010/09/07(火) 09:23
初めまして。拝読しました。

静かなドタバタコメディとでも申しましょうか。突然に現れた非日常。自分という高校生の主人公の細かい突っ込みが効いてて、最後までとても面白かったです。いいですね、相手が相手のことを思う。単純なことなんですが、それが伝わってきたように思います。

楽しませて頂きました。


[77] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:壇 敬 Date:2010/09/15(水) 19:04
 初めまして。とても楽しく、笑いながら読ませていただきました。

 最初はドタバタでどうなるんだろうと思いましたが、最後の「しんみり」がとてもいい感じでした。こんな風に「収まるべくして収まる」というストーリーを書いてみたいものです。
 段々二人の距離が短くなっていく描き方、話の流れの巧さは、習得したい技だとも思いました。

 たぶん、これで完結だろうとは思いますが、僕は続編というかサイドストーリーを読んでみたいと思ってしまいました。……というのも「未来の『俺』はどんな男になっているのか」に興味を持ったので。蛇足でした。


[161] 感想 Name:美鈴 Date:2010/10/10(日) 08:39
 軽いタッチのものを書き慣れ、自分のものとしているのは評価出来る。
 大概の読者は、彼乃至は彼女が所謂ラノベを好まない読者層であっても途中までは読み続けるだろう。読者を先へ先へと誘うのは作者の潜在力量が高い証拠。
 謎のタマゴというガジェットは面白い。しかもこの展開である。普通ならこの先タイムマシンで過去から送られて来た恐竜やら宇宙の果てから来た知的生命体の繭だったなど、ハリウッドでこぞって作られた展開になる。

 この軽さの作品で世界観云々は野暮ではあるが、世界観はご都合主義一辺倒で組み上がっている。つっこみはいくらでも出来よう。
 しかし、そんなことを瑣末なこととしてしまう勢いがある。作者はその穴を承知で書いている。「 ああ、信憑性が更に薄くなる。 」これは作者自身の自虐ネタだろう。

 最期の顛末へ向うために作者が出来うる限り努力をした作品。
 荒さは見えるものの、それを指摘するのも野暮。
 SF的な装いを外してもなお、好感度を保っている小品だろう。

[184] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:尚文産商堂 Date:2010/10/11(月) 15:02
尚文産商堂です。

将来の彼というのが誰なのかというのが、中盤あたりではっきりと見えてきて、時間を飛び越えて会いたかったという理由も、わずかですが見えてきたような気がします。
過去から未来という一本につながっている時間を飛び越えて、彼に会いたかったというのは、それだけ彼を好きだからというものの裏返しなんだと思います。

[243] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:ロメル HOME Date:2010/10/20(水) 09:45
素晴らしいです!
ホワイトスワンと主人公の掛け合いをはじめとして、ツボにはまりました。
SFを感じさせないSF。


[287] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:春詠 Date:2010/10/24(日) 15:12
重いテーマを、その「重さ」を貶めずに、しかし全体の雰囲気を明るく書くというのは結構難しいことと思われる。ホワイトスワンの置かれた境遇は決して良いとは言えないけど、主人公との未来がその暗さを打ち消してくれる。

オチが読めるという点は、もしかしたら小説としては失格なのかもしれないけれども、作者はそれも込みで書いたのではないかと思われる。最後の救いに向けて突っ切る見せ方は上手い。楽しませていただきました。


[290] RE:「マリッジ・ホワイトスワン」虹鮫連牙 Name:海星 Date:2010/10/25(月) 16:13
空想科学祭2010作品として、最初に読ませていただきました。
 SFならではのホワイトスワンの特徴を生かしたボケ(?)っぷりに、何度も笑ってしまいました。
 重すぎず、内容もしっかりしていて、所々笑えるポイントもある、とてもよい作品だと思いました。
 とても面白かったです。


[370] 作者からの返信 Name:虹鮫連牙 Date:2010/11/06(土) 04:36
 この度は拙作『マリッジ・ホワイトスワン』にご意見・ご感想を届けてくださり、誠に有難うございます。
 初めての参加である空想科学祭でしたが、少しでも皆様に楽しんでいただけたのであれば、それこそ作者冥利に尽きるといったものかなと思っております。
 こちらで頂いた感想は、次回の空科祭への意欲として、今後の執筆活動の糧として、そして一人でニヤニヤしちゃうためとして活用させていただきます。
 
 なんかせっかくの作者レスなんだし、変なことしてみてえな。
 ということで、まずは作者から本作へ感想を送らせていただきたいと思います。感想掲示板だしね。

▼感想▼
 オチが途中で分かり易すぎる。ってか主人公の男、そこまで白鳥が匂わせちゃってるんだし、もうお前がオチに気付いちゃえよ!
 あと白鳥へ。
 「白鳥→ホワイトスワン」ってのは英語がなって無さ過ぎます。でも、鳥獣戦隊ジェットマンのメンバーにも白鳥の戦士ホワイトスワンがいるので、そこはまあ目を瞑ろうと思います。
 あと、全年齢対象作品として「先生、食い込んじゃってます!」というのは、際どいようですがまだチビッコには分からないと思うので、OKだと思います。
 あと、えーと、略称は「嫁白鳥」で!(却下
▲終り▲

 あれ? なんだこのgdgdは。
 ということで、次は感想をいただいた皆様に個別にお返事させていただきます。

>>栖坂月さん
 『マリッジ〜』に初めての感想をつけてくださって、ありがとうございます。
 作品内でも最大の欠点と言える部分すら前向きに解釈していただけたことも踏まえて、お礼を申し上げます。
 本当に有難うございます。

>>84gさん
 褒めすぎだからw
 お味噌汁の件についてですが、私がもっと料理について調査を……ってか自炊しろよって感じですねorz
 ご指摘ありがとうございます。
 
>>ストーンゴッドさん
 無駄な妄想についてですが…………俺だったら歓迎するぜ! 射程内さ!
 ということで、マニアックなご想像もガンガンしてください。
 大丈夫です。耐水性抜群なので、一緒にお風呂にも入れます。

>>招夏さん
 楽しんでいただけたようで何よりです。
 それでですね…………もしよろしければ金ちゃんと一緒に遊園地行ってもいいですか?
 ああ、そうですよね。鮫と金魚を一緒にはさせられませんよね(ノд`)・゜。+

>>空を飛ぶ饅頭さん
 飛んできてくださってありがとうございます。
 ツッコミがくどいというご意見もいただいたので、次回あたりは登場人物全員ボケてやろうかと思ったり思わなかったり。
 
>>ダディ
 続編を希望していただけるとは思っていなかったので、それだけ楽しんでもらえたのかなと思いました。嬉しいです。
 続編・サイドストーリーはごめんなさい、予定無しです。
 彼等の未来はご想像にお任せします。
 特に、飯も風呂もスルーして妻を選んだ夫のご想像をオススメします。

>>美鈴さん
 自虐ネタと仰った点ですが、お察しの通り、まあそんな感じですw
 そこまで読み取られるとは、ホラーにインしました(恐れ入りました)。
 あ、これはルー語だわ。

>>尚文産商堂さん
 そうですね。彼女が時間を越えてきた理由の根幹には、彼に対する大きな愛が合ったのかもしれませんね。
 幸せな夫婦生活を営んでほしいと思います。
 もし浮気でもしようものなら、一体どんな兵器が出てくるのか分からないホワイトスワンでした。

>>ロメルさん
 感想ありがとうございます。
 掛け合いがツボと言われた物語は、やがて二人の愛の坩堝へと繋がっていく……。
 あ、別にうまくねえや。

>>春詠さん
 小説失格という言葉、重く受け止めております。
 今後の作品創作において今まで以上に心掛けていくべき点ですね。
 ちなみに、オチの早分かりですが…………狙ってません。
 すいません><

>>海星さん
 最初に読んでいただいたのですか。ありがとうございます。
 でも彼女はボケてません。全力でマジに恋する乙女です。
 だからもし海星さんの家に花嫁修業に行った時は、恋愛相談をしてみてください。
 セレブなラブレターなんかを代筆してくれますよ。
 もちろん内蔵プリンターで文字も見易い。

 
 ということで、個別レスを終了させていただきます。
 皆様本当にありがとうございました。



  


感想への返信は11/1以降にお願いします。返信は任意です。

無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace